サイダーの曇り空

from by こどもランドリー

/

lyrics

今日の言葉が風になる夜にまた
ここに来て思い出したら
気分はなびく
瓶に映る私が見てる

ラジオの音に耳を貸す
あなたの横顔思い出したら
カレンダーをめくる
同じ花火の音がする

いつもどこかであなたを待っている
今はここで明日を忘れてゆく

何も知りたくはない
あの雨の理由も
夏が来る高架線の
音にかき消された
どうでもいいやと言った
独り言が冷たく
少しはやいサイダーを
あけて涼風を待つ

credits

from port, released February 21, 2016
Song and lyrics by Mari Yokoi

tags

license

all rights reserved

about

こどもランドリー Tokyo, Japan

東京を中心に活動する4ピースロックバンド

Vo.satomiの透明感のある歌声とGt.mariのソリッドなギタープレイで街中の色や光をテーマに、きらめきのあるポップを歌う。
R→L
Vo. key. satomi, Gt.mari, Dr.yusuke, Ba.yosuke

ライブのチケット、グッズ等のお問い合わせ、ブッキング等のご連絡は[CONTACT]をクリックまたは直接[kodomo.laundry@gmail.com]まで、お気軽にお願いします。
... more

contact / help

Contact こどもランドリー

Streaming and
Download help

Redeem code