隣町の空想

from by こどもランドリー

/

lyrics

部屋を出て思うメロディが
風に消えそうです
音とない通りを歩けば
妙に長く感じた

平然と次へ進む
明日はどうでもよくなれ

もう一回 あなたが
いなくなるふりをする
想像を漂う 意味もない場所をゆく
どうしてもっと楽しくなれないの
終わりのない歌を聴かせて

どこかでまた待っているような
気持ちも空気にまかれて
飛んでいった

もう一回 あなたと
出会った季節になる
想像は綺麗に 入れ替わっては消える
どうしてもっと楽しくなれないの
終わりのない歌を聴かせて

credits

from port, released February 21, 2016
Song and lyrics by Mari Yokoi

tags

license

all rights reserved

about

こどもランドリー Tokyo, Japan

東京を中心に活動する4ピースロックバンド

Vo.satomiの透明感のある歌声とGt.mariのソリッドなギタープレイで街中の色や光をテーマに、きらめきのあるポップを歌う。
R→L
Vo. key. satomi, Gt.mari, Dr.yusuke, Ba.yosuke

ライブのチケット、グッズ等のお問い合わせ、ブッキング等のご連絡は[CONTACT]をクリックまたは直接[kodomo.laundry@gmail.com]まで、お気軽にお願いします。
... more

contact / help

Contact こどもランドリー

Streaming and
Download help

Redeem code